セルフケアの嬉しいフィードバック、頂いてます!

『内臓デトックスアプローチ』考案者 の 塩見創 です。

 

前回は、おでこを使って「呼吸の入り方が変化する」というテクニックをご紹介しました。

「身体ってつながっているんだ」
「ちょっとしたことで変化って出るんだ」

と実感して頂けたら、すごく嬉しいです。

早速、試してくださった方からは「確かに変わります」「呼吸がスゴク楽」と言う感想を頂きました。

ありがとうございます。

こんな感じで、セルフケアのヒントになるような手技・テクニックを、時々ご紹介していきますのでお楽しみに ♬

さて、そうやって実際に試して頂いた方から、こんなご意見も頂きました。

「確かに、おでこで呼吸の感じが変わった。でもこれ、だったら『深呼吸』すれば良いんじゃないの?」

結論から、申し上げます。

 

その通りです!

 

私は、このご意見を頂いて、とっても嬉しかったですね!

なぜなら、私が提示した情報がキッカケとなって、その方の発想が広がっているからです。

自分の発信が他の誰かに伝わり、なにかの影響を与え、そして考え方や行動に変化を作り出してもらえたのであれば、それは発信者としては、とても嬉しい事です。

私が主張することが、そのまま万人に当てはまるなんてことは、たぶんありません。

情報を受け取ってくれた方の好みや解釈で、アレンジしてして頂いてもいいと思います。

 

「まずは素直にやってみる」

これは何事においても大切です。

そして慣れてきたら、今度は

「自分なりに考えて工夫してやってみる」

ぜひそんな風にやってみて下さい。

 

今回であれば、

まずは「おでこテクニック」を体験してみる。

酸素がいっぱい入ればいいんでしょ。じゃあ深呼吸でいいんじゃない?

息が入るのは「肺・胸」だから、胸周りをストレッチしてあげればいいんじゃない?


みたいな感じですね。

連想ゲームみたいに、楽しみながら取り組んで頂けたら、素晴らしいですね!

 

※ ただし、ひとつだけ注意・お願いしたいことがあります! ※

自分なりにアレンジしてやってみて、もしそれで効果が感じられなければ、少し間違った方向にアレンジされてしまっている可能性があります。

「自分なりに工夫する」ことは大切ですが「効果のない自己流」になってはいけません。

そんな時は必ず「一番最初」に戻って下さい。

つまり、最初の私の発信を見直してくださいね。

効果を感じられるのであれば、自分のやりやすいようにアレンジして頂いて構いませんよ。

 

知ってもらって、興味を持って頂いて、ワイワイ実践してもらえる。

そんなキッカケを作れる「場」として、このブログを育てていきたいなと思います。

 

では本日は以上になります。

お読み頂きましてありがとうございます。

 

日々ますます快適な身体でありますように。

 

『内臓デトックスアプローチ』考案者 塩見創

 

無料で質問や相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

Tel:090-9098‐7331
Mail:info@shiomi-so.com

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です