アトピーケアでは、あなたのタイミングを大切に

『内臓デトックスアプローチ』考案者 の 塩見創 です。

 

以前にアトピーの無料モニターをやっていた時に、お試しで体験してくれた女の子のお父さんが、久しぶりにお見えになりました。

ちなみに、お父さんは「首痛」が理由での来院でしたので、それに対して治療をし、8~9割くらい緩和しました。

「あとはご自身の回復力で十分リカバリーできると思います」とお伝えし、ホッと一安心と言ったご様子でした。

良かったヨカッタ。

そうなんです。

アトピーだけではなく、いわゆる「腰痛」や「肩痛」「膝痛」といったお悩みにも対応しています。

もし、そちらの方でご相談がある場合も遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

で、久しぶりに「○○ちゃんのアトピーの状態はどうですか?」と話を伺ってみました。

すると「先生にやってもらった時は一時期キレイになってたけど、今はまた出てきている」とのこと。

でも以前より悪化しているほどでもないようです。

「サポートしますから、またぜひ一緒にいらして下さい」とお話しました。

 

以前モニターで受けてもらった時から、おおよそ3年ほど経っているはずです。

そうすると3年分の毒素が(丸々ではないですが)蓄積していると考えられます。

その上でそんなに悪化してい無いという事は、その子の排毒能力も、上がっているという事。

であれば、改めてサポートをしてあげればどんどんよくなる可能性が高いですね!

 

原則的に考えるのであれば、アトピーのケアはスタートが早い(年齢が若い)ほどやりやすいです

細胞が生まれ変わるスピードも早いですし、何より毒素があまり溜まっていないと考えられるからです。

 

とは言え、どんな情報を得られるか?、どんな先生に巡り合えるか?、どんな治療法か?、それらは自分に合っているのか?など、それらのタイミングや状況を全てコントロールできるわけではないのが現実であろうと思います。

生れてすぐ、自分に合ったケアの環境が整う子もいます。

小学生になってから、上手くいく子もいるでしょう。

もしかしたら大人になってから、良い出会いがあるかも知れません。

 

「なるべく早期にケアしてあげたい」と言うのが施術をする側の、偽りのない気持ちです。

でも一方で

遅すぎることはない

とも思います。

どんなタイミングからでも「もしかして・・・」と希望を感じたら、それがその人の「やってみよう」というタイミングなのだと思います。

 

私に出来ることは、ご縁があったクライアントさんは全力でケアすること。

そして、一人でも多くの方に「今がそのタイミングだ!」と思って頂けるように、情報を発信し続けることだと思います。

 

「久しぶりにまた来て欲しいなぁ」と思いながら、人とのご縁やタイミングについて考えてみた瞬間でした。

 

これを読んで下さっている「あなた」にとっての「その時」はもしかしたら「」かも知れません。

何か少しでも「聞いてみたい」と言う事があれば、なんでもお気軽にお問合せ下さい。

 

では本日は以上になります。

 

日々ますます快適な身体でありますように。

お読み頂きましてありがとうございます。

 

『内臓デトックスアプローチ』考案者 塩見創

 

無料で質問や相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

Tel:090-9098‐7331
Mail:info@shiomi-so.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です