低気圧を乗り切ろう!

『内臓デトックスアプローチ』考案者 の 塩見創 です。

 

関東エリアが梅雨入りしたと、発表があったようですね。

ジメジメした日々がしばらく続くのかと思うと、何となく気分も晴れないような気がしてきます。

フーッ。

と言っても私の場合は、気分が晴れない理由は「雨が降るから」ではありません。

 

体調を崩す方が多いから

 

です。

 

おじいちゃんおばあちゃんが「雨が降る前の日は膝が痛くて。。。」などのことを言っておられるのを聞いたことありませんか?

あるいは「低気圧が来ると頭が痛くなる。。。」という体験をされた方は一定数いらっしゃるのではないでしょうか?

天気や気象と体調と言うのはある程度関連性がある、という事を、多くの人は体験的にご存知であろうと思います。

特に低気圧が来て天気が崩れると体調も思わしくなくなる、と言う傾向は割と顕著に感じやすいですよね。

 

それは一体どうしてなのでしょうか?

 

そもそも「気圧」とは空気の圧力・重みです。

普段我々は意識していませんが、人間の身体にはかなりの「空気の重み」がのしかかっています。

「低気圧」になるという事は、その身体にのしかかっている「空気の重み=圧」が低下するという事でもあります。

それまで身体をギューッと押さえつけていた圧力が少し軽くなると、身体はどうなるでしょうか?

 

見た目には分かりませんが、実は少し膨張するんです。

膨らむってことですね。

特に「血管」や「リンパ管」など、体内の「管」が膨らみやすいとされています。

「血管」や「リンパ管」などが膨らむと、何が起きるのか?

血液やリンパ液の流れが滞りやすくなります

 

ホースをイメージすると分かりやすのではないでしょうか?

ホースの口を指で絞ると、水がピューッと勢いよく出るようになりますね。

例えるならこれが、高気圧の状態。

気圧が高まって身体に空気の圧力がのしかかっている状態です。

身体が圧縮され、「血管」や「リンパ管」にも圧がかかるので、血液やリンパ液もピューッと勢いよく流れるようになります。

 

低気圧は、この逆です。

ホースで言えば、口を絞っていない状態。

ピューッではなくドボドボと、流れてはいますが、あまり勢いは強くない状態です。

血液やリンパ液も流れてはいますが、やや停滞気味になります。

血液やリンパ液の流れが弱くなると、身体の細胞にとって必要な酸素や栄養素や水の供給が遅くなってしまいます

 

そうすると

「なんとなくダルい」
「疲れが抜けない」
「やる気が起きない」
「頭が痛い」
「古傷が痛む」

などの事が起こりやすくなるわけです。

 

これが「低気圧が近づくと体調が崩れやすくなる」、と言う現象のメカニズムです。

人間も自然界の一部として生きている以上、天気や気象の影響を全く受けずに生活することはできません。

ですが、低気圧がやってきた時の身体に起こる変化について知っていれば、対策や工夫をすることが出来ます。

つまりは、血液やリンパ液の流れを少しでも良くする工夫をすればよいわけです。

 

例えば

  • シャワーで済ませず湯船に入って体温を上げる。
  • 軽く運動をする。
  • エアコンで身体を冷やさないようにする。

 

などは代表的な取り組みだと思います。

簡単なことで構いませんから、ジメジメの季節をなんとか元気に過ごすために、小さな工夫から取り組んでみてくださいね。

 

では本日は以上になります。

 

日々ますます快適な身体でありますように。

お読み頂きましてありがとうございます。

 

『内臓デトックスアプローチ』考案者 塩見創

 

無料で質問や相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

Tel:090-9098-7331
Mail:info@shiomi-so.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です