梅雨時のセルフケア(前半)

『内臓デトックスアプローチ』考案者 の 塩見創 です。

 

本日の東京は梅雨空。

梅雨入りした頃は、雨が降ると少し肌寒い感じがしていましたが、だんだんと「ジメジメ+ムシムシ」になってきたように感じます。

治療院への問い合わせでも、首の痛みや腰の痛みの相談が増えています。

体調の管理にご注意くださいね。

 

「体調管理と言っても、具体的にどうすれば良いの?」

 

では今回は、梅雨のセルフケアを2回に渡ってご紹介しましょう。

アトピーの方にはもちろん、アトピーでない方でも、体調がスッキリしないこの時期にはオススメです。

 

梅雨時ですと、洗濯物でお悩みの方は多いと思います。

空気中の湿度が高いですから、洗濯物が乾きにくいですよね。

実はこれと似たようなことが、あなたの身体でも起こっている可能性が結構あると思います。

 

普段は意識できませんが、人の身体からは常に水分が蒸発しています

呼吸や皮膚から、自然と水分が出ていっているんですね。

ところが、このジメジメした時期には、それが起こりにくい。

そうしますと、水分が外に出ていきにくくなりますから、身体の中に水分が溜まりやすくなります。

今ある水分が出ていかないので喉も乾きにくくなります。

 

身体にお水があること自体は悪くありません。

でも、大切なことは「水が循環している」ことなんです。

水分が一定量外に出れば喉が渇きます。

喉が渇けば補給する。

この出たり入ったりのサイクルが循環です。

これがとても大切です。

「そこにある」だけでは不十分。流れている状態を作りたいんですね。

 

だから、一番簡単なセルフケアは「軽い運動」です。

激しい運動である必要はありません。

体温を少し上げて汗をかき、水分の循環を促すことが目的です。

ただし、いったん汗をかいたら、よくふき取りましょう

汗と一緒に出てくるミネラルが皮膚に残っていると、痒みの原因になることもあります。

水分を循環させる為に汗はしっかり出したいですが、出した汗は残しておきたくないですよね。

「運動はちょっと。。。」と言う方は、お風呂で汗を出してもらっても良いです。

ただし、アトピーのお肌に長湯はやや負担が大きいかも知れません。

お肌の洗いすぎは禁物です

皮膚にいる「表在菌」を洗い流し過ぎる事も、実はアトピーや肌荒れの原因のひとつと言われています。
(これについては別記事で改めて書く予定です)

その場合は、入浴自体はシャワーなどでサッと済ませ、「足湯」「手湯」「肘湯」など部分的に温める方法がお奨めですよ。

「梅雨のセルフケア」前半はここまでです。

上手なセルフケアで、梅雨の時期を快適に過ごしましょう。

 

では本日は以上になります。

 

日々ますます快適な身体でありますように。

お読み頂きましてありがとうございます。

 

『内臓デトックスアプローチ』考案者 塩見創

 

無料で質問や相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

Tel:090-9098-7331
Mail:info@shiomi-so.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です