あなたが摂るべき『糖質』は?

『内臓デトックスアプローチ』考案者 の 塩見創 です。

 

こちらの記事 で『砂糖は身体、特に腸を冷やす食べ物なので食べ過ぎ禁物』と書きました。

ガックリ、肩を落とされた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

何を隠そう、私も自分で書いていて肩を落としていました(笑)

やっぱり皆さん、甘い物が好きですもんね。

 

ところで、甘い物を食べる時というのは、どんな時が多いでしょうか?

  • 食後のデザートとして
  • おやつの時間に小腹を満たす
  • 深夜にこっそり

などでしょうか?

あともう一つ代表的なのは『疲れた時』ですよね。

『疲れた時は甘い物を食べると良い』

確かに仕事で疲れた時、甘い物を食べると少し元気が回復したように感じますよね。

甘い物は悪者扱いされるだけでなく、大切な存在でもあるんです。

 

でもここで少し考えたいのは『その中身』です。

今回はこのことについて、お話をしたいと思います。

 

食べるべき『糖質』とは?

『あ~疲れた』と言ってパクっと食べるその甘い物。

それはだいたいどんなものでしょうか?

  • チョコレート
  • クッキー
  • ケーキ
  • シュークリーム
  • 菓子パン
  • バームクーヘン
  • プリン
  • ゼリー
  • アイスクリーム

などなど。

どれも美味しそうですね~♥

 

疲れている時と言うのは、確かにいろいろな活動によって体内の『糖質』がかなり消費されて、栄養分が少なくなってきている状態です。

『糖質』(だけではないですが)を補給することによって、エネルギーをチャージしてまた頑張ろう!と考えるのは間違っていないように思います。

 

確かに間違ってはいないのです。

いないのですが、そこで口に入れようとしている甘い物は、本当に身体が求めている『糖質』なのでしょうか

 

上に列挙した、甘い物の代表選手たち。

実は身体が求めている『糖質』はそれほど含まれていないのです。

大部分を占めるのは『乳製品由来の脂質』『小麦粉』『精製された白砂糖』です。

 

これらも、もちろん栄養素の一部ではありますが、消化吸収時に身体(特に腸)の負担になると言われています。

特に『小麦粉』に関しては、近年『グルテン』『グルテンフリー』『リーキーガット症候群』と言うワードでにわかに注目を集めていますね。

機会を改めてこのブログ内でも情報を発信していく予定です。

 

では身体が求めている『糖質』とはどのようなものでしょうか?

例えばハチミツ黒砂糖などが挙げられます。

大量に食べてしまえば、これらの『良質な糖質』とて身体の負担になりますから程々が肝要ですが、いわゆる『お菓子』『スイーツ』を取るよりはかなり消化器への負担を減らしながら、エネルギーとして使える糖質として摂取することが出来ます。

ヨーグルトに混ぜて一緒に食べるような組み合わせだと、乳酸菌も加わって、よりバランスが良いですね。

『糖質』は身体に必要な栄養素であるからこそ、負担の少ない物を賢く選びたいですね。

 

※ただし『ハチミツ』には蕎麦の花から作られているものもあります。蕎麦アレルギーの方はご注意を!

※また『ハチミツ』『黒砂糖』は1歳未満の乳幼児には食べさせないようにしてください。

厚生労働省ホームページより

 

 

では本日は以上になります。

 

日々ますます快適な身体でありますように。

お読み頂きましてありがとうございます。

 

『内臓デトックスアプローチ』考案者 塩見創

 

無料で質問や相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

Tel:090-9098-7331
Mail:info@shiomi-so.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です